RAKUPA楽市楽座をもっと楽しむ情報サイトオープン!! 株式会社ワイドレジャー新卒採用2017春

それは、世の中の人々に娯楽を提供し続けたいから。
私がどのようにアイデアを出し実践しているかを問われれば、
いつもそのように考え毎日を過しているからに他ならない。

自分もプライベートでは良く遊ぶ。
大好きなことをする。夢中になる。
自由人でいたいからとにかく遊ぶ。

でも何も考えずに遊んでいるわけではない。そこに自分が選んだレジャーという職業が密接に関係している。
日常の生活の中に、そして遊びの中にビジネスに繋がるヒントはたくさん転がっているから遊ぶのだ。

なぜ自分が楽しいのか、なぜ人が楽しいのか、様々な人間の行動の中にヒントがあり、自分でそれをシミュレーションしてみる。
それは遊んでみること以外には解らない。人間は他人から強制されて勉強や訓練されるのは苦痛だが、遊びの中で習得していくことは楽しい。
自分から率先して行動できることはどんどん身につくから。
それは野をかけ、山を越えて遊んだ幼少期から変わらないこと。

そうして、日々頭の中を活性化させていることは、すなわち準備をしていること。
楽しみながらたくさんのことを覚え、知識を蓄積させ、「ここだ!」と思ったチャンスが来たら実践する。
そう、準備をしているからこそ行動は速い。ビジネスの結果を速く知ることができるし、結果良い悪いの判断が迅速になる。

現代社会はめまぐるしく動いている、情報化社会と呼ばれたことはすでに過去のこと。インターネットがこれだけ世の中の情報を早く動かすとは誰が想像できただろう。そんな時代について行く、いやレジャーの業界では引っ張っていく。

そうあるために"ひらめき"の準備をする。

だから遊ばなくてはならないと信じている。